インバウンドマーケティング

インバウンドマーケティングとは従来のアウトバウンドマーケティングのように情報を発信し、外部の消費者に一方的に外向きの情報発信のみを行っていたマーケティングから一歩進み、方向を内向きに変えていくマーケティングのことです。
この内向きというのはつまり、顧客を潜在的なリードに変更していくために必要な消費者をリードに変更していくという意味合いのインバウンドなのです。

現代の消費者胴体はマーケティングオートメーション技術の発達によってインターネットなどのソーシャルメディアにおける消費者動態の把握が非常に容易になってきました。
このマーケティングオートメーション技術をもとに、いかに消費者を自社のリード、さらには顧客にまで待ってんさせるのかという課題は現在の世界中の企業で全ての業種が頭を悩ませている問題といえるです。

一昔前に行われていたようなPOSシステムに依存した顧客管理を未だに行っている企業がある一方で、インターネット技術を活用し、SNSなどを活用することでネット上のランディングページに消費者を誘導し、リードの獲得に成功している企業が大量に出現しています。
マーケティング技術は日夜進歩し、現代ではマーケティング技術の戦争と言っても過言では無いくらいのマーケティング合戦が行われる時代になってきました。
マーケティングの重要性やインバウンドマーケティングの着眼点は時に分かりにくいこともあります。
このページではこのような情報をより分かりやすくみなさんに提供したいと思っております。
お役に立てれば幸いです。